金山杉とともに、金山町森林組合

森林整備部門

    

 

  

 

森林整備部門は、主に現場の森林整備である造林事業の内の新植、下刈り
間伐は伐倒状況、高性能林業機械、路網整備について紹介します。

造林事業 間伐

造林事業

新植   新植作業は地拵え、苗木の植え付けの作業のことを言います。スギの植林をするためにはまずは苗木を育てます。苗畑という植林用の苗を育てる畑で1〜3年程度育てた苗を山に植え付けします。 苗木を山に植栽(植え付け)する前には、苗木の生育環境をよくするため、地拵えという作業をします。刈り取った雑草やか...

≫続きを読む

間伐

伐倒状況   森林整備において木を切り倒す作業(伐倒)に除伐と間伐があります。除伐は、林分の込みすぎを緩和し、形質のよい将来性のある木の生育条件をよくするために、目的樹種以外の侵入樹種を中心に、形質の悪い木を除去する作業です。 間伐は、込みすぎた森林を適正な密度で、健全な森林に導くために、また利用で...

≫続きを読む


TOP 組合概要 金山杉の紹介 事業内容 取り扱い製品 薪ステーション トピックス リンク集